身体を割って使う

 身体全体を細かく割って動くということです。みんなつながっていると、大きくなり全体が変わるのに時間がかかります。

その際、身体の力が抜けていなくては、またみんなつながってしまいます。

それと身体を局所的に使うのではなく、つねに全体を同時に使います。私が実践しているスキーは、身体の各部分を「違った方向へ同時にうごかし」スキーを操る動きです。

最初は思うように身体が動かなくて、やりにくいかも知れませんが、出来るようになると「自分ではターンする力を使ってない」のに、結果的にターンをする力がスキーに伝わっている、といった感じの滑りになります。

ここに練習方法を書きましたので試してください。

スキーを回転させようとする動きは、やっても身体の一部分だけにして、他は上下左右にと違った動きをします。

例えば、小回りでは膝頭を回転方向に回しこむ動きをし、股関節から上は回さず「腰を少し落としながらおじぎをする」といった運動をします。この他にも、違った動きを二つ以上同時進行で行う練習をしましょう。

次は、私が大事だと思っている運動です。

ジャンプする時、蹴って上に飛び上がるのではなく、蹴らないで目線を下げながらジャンプします。頭の位置は下がるけれど、脚部は引き上げ足裏を地面から離す動きです。出来たら次は、この様にジャンプして少しずつ向きを変えます。

スキーのときは、沈みながらひざの力を抜いて足裏を軽くし、スキーの方向を変えます。

私は、体軸を回転内側に倒し内脚を支点として、体全てを回転する方向に回すようにして滑るのを、蹴って飛び上がるように身体を使うのと同じだと思います。これでは身体全体がつながってしまい、すばやい動きができにくいと思います。

ところが普通にやればこの動きになるので、多くのスキーヤーが行っているのだと思います。私はやりませんが。

また、「動きのタイミング」を変えるとどのようなスキー操作になるかも行っています。

大回りの例ですが、山回りから角付けの切り換え時に、身体を少し伸びあがり気味につかい、膝で角付けを外します。「スキーが谷に向かっていく直前に」、次のターンの外スキーの角付けを切り換えながら、身体を低くしていきます。

次には、「スキーが谷に向いてから」あるいは谷に向かいながら角付けを切り換え、山回りに入りながら身体を低くするという身体の使い方をします。

角付けと身体の動きのタイミングを変えた滑りですが、スキーの動きや身体に伝わってくる感じが大分違うと思います。このようにいつも同じ動きをするのではなく、多くの動きを試し自分の技術の巾を広げるようにして下さい。

私は、同じ滑りは二度とできないと思っています。なので、今その瞬間の滑りを味わい楽しむようにしています。
                                                        (2011年5月1日  サダハル)