「すり足」と「ナンバ」

この身体の使い方を自分のものにして、身体の中のエネルギーを効果的に伝えられる様になりましよう。

こう書きだしましたが、知らなくても楽に生きて行けるし、どのようなスポーツも出来るのですから気楽に考えてもかまいません。

しかしこれだけは言えます。身の回りに起こる全ての事が、多方面から観られるようになります。そのことが多分、自分自身の身体の動きにも生かされ、今まで常識だと思っていた動きとは違った感覚が養われるのだと思います。

今回の「すり足とナンバ」だけで動きが変わるわけではありませんが、スキー雑誌や参考書でも取り上げられた事があるので、知っている方も多いかと思いとりあげました。

それでは始めましょう。前回書いたようにフワッと構え、どちらの方向へも軽やかに動けるようにします。

脚を固定させ頭から足裏へという様な、下向きの力をイメージして構えない方がいいと思います。どっしりとした重みのある構えは、たしかに安定していると感じるでしょうが、動きが鈍くなります。

私が今までスキーのページに書いてきた「曲げる、縮む」というのは、「頭から腰に向かい、足裏から腰に向かう」というように、腰を中心に上からと下から縮む感じにします。

実践

すり足
 進もうとする時、後ろ足で蹴らないようにする。
 体が遅れないように、足と体を同時に進ませる。
 つま先を上げ、足裏を地面と平行にして歩く。

後ろ足が地面から離れようとする時から、地面と足裏が平行になるように上げます。ベタ足で歩く感じです。
足で蹴って体を進ませるのではなく、身体全体が一つの塊のようにスーッと進むように歩くことが大事です。
腰の位置が、一定の高さで移動するように練習します。
左右へ移動する時も、足と体が同時に動くようにして下さい。頭や腰が、足より遅れて動かないようにします。

ナンバ
 左右の腰骨に手をあてて転体の動きを行います。ひるがえる動きです。
 腰の位置は左右の腰骨のラインとします。ヘソより下をイメージして下さい。
 脚部を連動させます。
 左半身が前に出たときは、左の膝は曲がり踵があがる。
 逆の右半身は後ろに引かれ、右膝は伸びて足裏はベタ足かつま先が上がる。

前進してみましょう。足の出し方はすり足の要領で行います。
手を腰から離し、自然に振られるようにします。
すり足の要領から途中で、後ろになった足を前に出す時、膝の力を更に抜いて踵、つま先の順に素早く地面から離して歩きます。
先ほどと違いますよね、これも「ナンバ」です。

これらの事が完全にできたとしても、自分の身体の変化はすぐには解らないと思いますが、取りあえず多くの動きを身体の中で育てることが大事だと思います。

私はこれらの動きを研究しないかぎり、体内で発生したエネルギーを滞りなくスキーに伝えられることは出来ないと思っています。
                                (2010年10月3日 サダハル)