ターンを分けて考える

 

まず、ターンに入る時の練習です。スキーの構えを忘れずに行ってください。

次のターンの外足首を引き戻しながら「踏む・押す・回す・角を立てる」を行います。

「足首を開放しない・足首を緩めない」という事です。わずかな動きなのですが、身体がまとまってくれます。

スキー操作が楽になり、スキーがいつも体の後ろあるいは横にあっての操作になるはずです。

谷脚だけの動きですが、特に上級者には有効な体の使い方になると思います。

 

中級者の方は、次の練習はいかがでしょう。

回転に入る時(谷回り)は、次の外スキーになる大腿部の捻りを意識して下さい。股関節から下を、内側に回す感じです。

もしスキーが回りにくかったら、腰まで回してスキーを回転させても大丈夫です。

では、後半の山回りです。

膝から下の捻りで回転を仕上げてください。踵でスキーを押すのでは無く、足首でスキーを回す感じです。

また大回りでは、スキーを回し方向が変わったら、さらに押し続けるのではなく、両スキーでの横滑りを試して下さい。

できるだけ細いシュプールで行う気持ちで滑ると、きれいなパラレルターンをしている様に見えます。

そして慣れてきたら、谷スキーだけを斜滑降にしてみて下さい。現在のスキーでしたら、斜滑降のつもりでも山回りになります。

 

スピードに慣れてきたら、谷スキーだけの斜滑降を、谷回りから行ってみましょう。

良い感じのターンが、出来ると思います。スキーが真下を向いたら、外スキーの角を立てるだけのターンで良いと思います。

 

注意‼ 以下の方々には参考になりません

 資格を取得する為に、練習をしている方

   上半身を動かないように固め、脚部のみでスキーを操作しようとしている方

 

今回もそうですが、初回からこのスキーのページに書かれていることは、「安全に・楽に・自由に」滑る方法なのです。(2021年4月8日 サダハル)