最近のスキー「ヒップロックと外傾姿勢」

ヒップロックスキーは、スキーを楽しみながら、体幹が鍛えられます。真剣に行えば、お尻回りの筋肉も発達します。更に良いのは、「より自由に滑る」というスキー技術の到達点までの、スキー操作や身体の使い方が多く発見できます。

ヒップロックトレーニングは、スキー以外でも多くのアスリートが行っています。―

斜滑降と山回りで練習しましょう。

<注意点>身体を左右に分けて考え、別々に動かします。特に股関節は、左右別々に動かした方が使いやすいです。

斜滑降の要領です。

*谷足は軽く曲げるだけで、角付けは「大腿骨と股関節でする」と云う感じです。

        *山側の膝は、曲げながら骨盤を引き上げるようにします。「角付けの意識はありません」

 
この要領に、外傾姿勢を強めて山回りをおこないます。

<注意点>谷側の脚は、延ばす筋肉を使いスキーを踏んでいきます。「反動を求める踏み方ではなく、耐える踏み方です」
結果、谷膝は伸びていますが、山膝は曲がっていきます。「谷足を突っ張らない様に」

 ターン時の角付けは

*谷膝は曲げるのではなく、倒すという使い方が良いと思います。脛骨と膝と大腿骨が、同じように倒れることが大事です。

     *大きなターン時の身体の使い方は、ラジオ体操の「体側運動」の様にやって下さい。腰は山側(ターン内側)に、頭は外スキー側に動きます。

*両膝を曲げて、膝だけで角付けをすることは、ありません。また、低速でない限り、腰(重心)が外スキーの真上に来ることはありません。

日本の上級者(デモを含む)は、両脚が同じに曲がり外スキーの上に腰が乗る滑りをします。これを批判するのではありません。この様に、両スキーで角付けをするのも一つの技術だと思います。モーグル競技等、多くの場所で使われている技のひとつです。
ただ、整地された斜面でこの滑りをしている上級者の方々が、回転後半に踵に乗っている為でしょうか、スキーが先走っているのが心配なのです。これを「スキーが走っている」とでも思っているのでしょうか? 身体の使い方をもっと勉強すれば、本当のスキーの走らせ方が解ると思います。

(2021年2月9日 サダハル)