より自由に

前々回の「構え」から、「型がどのようにスキーに働きかけるか」を考えています。

今回もその続きです。

前回の動きでの外腰でターンをリードした後、上級者は山回りに入る前から体重をその同じ腰(谷腰)に乗せる様にします。

スキーを踏むとかスキーに体重を乗せる、というのではなく谷腰で重さを支ええるようにします。

 *脚部の方から姿勢を作り、スキーを「踏む・たわませる」ことに集中すると、外スキー側に腰が移動し過ぎます。

そうなると、膝を使った角付け操作が多くなります。(膝を痛める原因と腰が使えない事になります)

腰・重心は、両スキーの間かそれよりも内側に位置した方が良いと思います

大回りのスピードターンでは、重さを乗せた谷腰を、少し山側へ押し付けるようにしながら山腰を引き上げます

骨盤を左右別々に使う感じですが、これは重要だと思います。

さて、これからが面白いところです。これらの事を一通りやったならば、角付けの反動を利用する滑りに戻ってみます。

躍動的な滑りになり、上下動があるように見えますが、脚の曲げ伸ばしはいたしません

踏み込んだ反動を利用して「下半身を回旋させる」のです。大事なことです。

また、構えが出来ていないと、スキーだけが走る滑りになるので、気をつけましょう。スキーだけが走り抜けても駄目で、体も一緒について行かないと無意味です。

このように「構え」は重要ですが、だからと言って構えて固まった状態では駄目です。しかし、正しい構えができないと、良い位置に乗れません。

「構えができていると、より自由に動けます」  (2020年4月1日 サダハル)