良い位置

誰もが知っている事なのに、できそうでできないというか、分かりにくいことがこれです。

スキーで一番大切な「良い位置に乗る」ということです。

良い位置というのは「スキーのほぼ真ん中」に乗るということです。真ん中にいるから、あらゆる方向に動けるということだと思います。

誰に聞いても、「良い位置に乗って滑りたい」と答えてきます。殆どの人は「後傾・後ろに乗っている」と言われるようですね。

胸が起きていると・後傾。お尻が出ていると・後傾。だったら、膝腰の関節は曲げないで、少し胸をかぶせれば良いという事になります。しかし、一流の選手(選手とは競技者の事)は、胸が起きていようが、お尻が出ていようが下がっていようが、後傾だとは言われません。なぜだと思いますか?

それは、身体が固定されていないからです。動いているからなのです、動いていない様でうごいているのを分かって欲しいと思います。

前後・左右・上下、あらゆる方向に動いています。もちろん後傾にもなっているでしょうが、そのままではないので、そう見えないのです。

いつも良い位置にいなくてはいけないと思うと、身体が固まって運動がなくなると思う。そのような人は、固まった重石のような滑りになっていると思う。

そういう人は、軽やかな滑りをしている人を、安定した滑りだとは呼ばないらしい。競技者は固いアイスバーンでも、軽やかなフットワークをしています。

「スキーのほぼ真ん中」と書きましたが、私は「いつも良い位置にいなくてはいけない」とは思っていません。何時でもそこに戻れること、戻れるくらいの位置にいられれば、多少外れていても問題ないと思っています。

スキーの上で多くの動きができないと、上手に滑れても「何処でも滑ることができる」ようにはなりません。

良い位置はピンポイントであるのですが、どうか皆さんスキーの上で十分に身を動かして滑ってください。動けないと、滑っている時の良い位置を知ることは出来ません。

「どこでスキーを踏むか?」という議論を、若いころしたことがあります。当時デモンストレーターだった三枝さんが、こんな事を言っていました。

「拇指球に乗ってスキーを操作する」ということが常識だったころ、「カカトだよ」と言っていましたね。「踵にのり、足首をブロックして滑る」とも。その頃が懐かしい、この頃の八方には個性ある指導員が他にも大勢いました。

私といえば、どっちつかずの言い方をしていました。「土踏まずで、踏む」とか、「乗る位置は、拇指球と踵を結んだライン上」とか言っていましたね。何十年も前から「だいたいこの辺」という言い方をしていた様な気がします。                                             (2017年4月8日 サダハル)