ワンポイントレッスン

滑りが変わる二つの技

技と言うか、「意識・思い」だけでも私は良いと思っています。 

一つ目は

回転外側の足首を、手前に引き戻すようにして、ターンをします。だからといってブーツに脛を押し付けて、前のめりになっては駄目です。

身体より足首が前に出るのは、良くありません。ターンする時、身体の後ろに足首があってスキーを操作する感じです。

身体が遅れるということが無くなります。

二つ目は

外足の内踝から内膝そして下腹部に少し力を入れ、外スキーの内エッヂに乗る様に滑ります。

大回りではもう一つ

ターンの終わりに近づくにつれて、腰を折りながら小さくなっていくと、身体が回り過ぎません。

これらを試してみて下さい。   (2017年2月24日 サダハル)