スキーが上手いとは

「技術選で点の出る滑りが、上手いとはいえない」

これは私が、デモンストレーターの時代にも言われていたことです。では、どういう滑りが上手いのか、と言うと一概には答えられないのです。人によって見かたが違うし、好みもあるでしょうから。私は、オリンピックやワールドカップで転戦している、競技スキーの選手が一番上手いと思っています。(ステンマルクが一番好きですが)

何故ならば、早くすべるために無駄な動きを省いているからです。技術選の選手は、彼らのシンプルな動き方、滑り方から学び、もっと全身を柔らかく使える様にしたいものです。

本来基礎スキー界の方々は、競技スキーの技術や身体の使い方を分析して、基礎スキーに反映するべきだと思います。なぜならば「自然な動き」とか「楽なスキー操作」と言いながら、理に叶った滑りをしていないからです。また、身体の使い方が大事と言いながら、これも不自然な使い方になっているからです。要するに、スキー操作をする身体の(さま)になっていないのです。どうすれば良いかは、今回は書きませんので、競技スキーヤーに学んで下さい。

競技スキーをやっていた選手が、基礎スキーに転向してくるというのは以前からあったことですが、今年のようにワールドカップを転戦していた日本のトップレーサーが、基礎スキーの大会に出場するとは思いませんでした。彼の意図は分かりませんが、不思議な光景でした。

今の技術選は、「誰かの決めた滑り方を、うまく演技できれば勝ち!」となっている様に思います。「誰かの決めた滑りや誰かの滑り方」は、一つの方法でありひとつの技術として捉えるべきではないでしょうか。物まねをするのではなく、自分で考えそして学び、自分の考えた滑りを演技してほしいものです。

繰り返し言います。ワールドカップ選手の滑りを分析して、基礎スキーに適応させるようにして欲しいものです。彼らの動きは、知識に裏付けられています。

どうか学んでください。そうすればジュニアのコーチの考えが変わるでしょう。そうなれば、日本のスキーが変わり始めると思います。

基礎スキーと競技スキーは、平行線のままではいけないと思います。競技スキーを学ばない限り、日本のスキー発展は望めないと思います。

デモンストレーターと言うのは、中斜面や緩斜面で、教程のプルークボーゲンや横滑りが「忠実に演技できる人」これで良いではないでしょうか。 (2015年4月8日 サダハル)