浮く小回りくん


変わった表題ですが、滑りを想像してみましょう。

雪面からの抵抗は殆どなく、空中を滑っている感じです。サーフィン(やったことないけど)のイメージかもしれないです。

雪の斜面を滑り降りる訳ですから、雪面からの抵抗を受けるはずです。が、足の下に雪が無いような、そう空中に浮かんで滑り降りるのです。

自分から圧をかけずにショートターンを行います。「圧」はエッジの切りかえによって生まれますが、その圧を飲み込むようにします。

では実践です!思い浮かべて下さい。

初動作に浮く感じが掴めると、ずっと浮いた感じで滑ることが出来ます。その初動作ですが、ストックを突くと同時に膝の力を抜き、クルッとスキーを回します。回す感じは、分度器で測ると1度位のものですが、1度回せば、後はスキーがかってに回っていきます。

膝の力が抜けると、足下を踏みしめるという感じがなくなります。一般的なスキー操作は、脚を曲げて荷重を行いますが、ここでは曲げと同時に軽くするのです。軽くなったら膝の力を抜いたまま、100m位滑り降りてみましょう。たとえ出来ていなくても、そのような感じで行うことが大事です。

さて、どの様に膝の力を抜くかというと、次の方法で膝の力を抜く感じをつかんで下さい。

腕を前後に振りながら、軽く屈伸をする動きをしてみましょう。これは雪上ではなく、読みながらどうぞ。

まず両腕を前に出し、後ろに振りながら膝をわずかに曲げる動きです。膝の曲げと同時に踵をわずかに上げ、つま先立ちになります。この時に膝の力を抜くことが大事です。腕を前に振り戻しながら、元の位置にします。何回もやってみましょう。

次には逆もやります。両腕を後ろから前に振りだしながら、同じく膝の力を抜いてつま先立ちをします。どうですか?

それとストックを突いた時、滑りをそこで一瞬停止する感じにする。ブレーキをかけ、滑りが止まった感じになれば、身体は反動で移動する。身体が前のめりになる手前で膝を緩め、クルッとスキーを回します。この間ストックは突いたままで行うのですが、一時停止といってもスキーも身体も動いて移動しています。そうするとストックも腕も身体より後ろになるので、スキーが回ったら後ろにある手を前方向に倒し込みます。この動き、けっこう感じが良いと思います。

ストックの突き方は、手を前に出すのではなく、ストックの先を前に振り出すようにして突くと良いでしょう。

「シンプルなスキー操作を目指しましょう」とか言っている私ですが、今回は・・・浮いてしまいましたね。(2014年11月26日 サダハル)