最近の気づき

「身体の使い方、動かし方」などを研究されている高橋佳三さんの教えをスキーの構えに応用しました。

背中から太ももの裏にかけての、後ろ側を意識します。後ろの部分が働いてくれるようにするには、身体の後ろ側を丸くする感じにします。(肩を下げ肩甲骨が広がった姿にします)手、腕は広げたり前に出したりせずに、身体の横に置きます。見た感じは、なで肩でボールを抱えているような姿勢に見えると思います。これで身体の後ろ側が意識でき、スキーでいう良い位置に乗れるようになると思います。

頭の位置がつま先よりも前になるのですが、脛をブーツに押し付けて前のめりにならないようにして下さい。ベタ足感覚です。それといつも言っているのですが、手を広げて手でバランスやタイミングをとるのは上達の妨げになります。手腕は下げて、肘と肩の力を抜きましょう。

小回りの練習から入ると、動き等の確認ができます。

山回りで、エッジングは短く一瞬でスパッと行います。動きの感覚は、つま先に乗りスキーのトップを回し、まわし続けながら短くエッジングをします。谷まわりでエッジングするやり方は後日とし、山まわりで短いエッジングをする練習から始めましょう。角付けが上手くいかない場合も、一瞬でやめてしまい次のターンに入ります。いつまでもスキーを踏んだり押したりはしません。実は、「踏むとか押す」という感じが、私にはまったくありません。

それとターンは、感覚的には一つの回転ごとに区切り、ブレーキをかけるようにしています。しかし、外見(見た目)の動きは止まってはいません。短いエッジングでブレーキをかけると、脚部の上を胴体が滑り落ちていく感じになり、見た目は滑らかなターンをしているようになります。

それと、「あっち向けホイ」が大事です。膝頭が右を向いたら、胸を左に向けるようにすると、上半身と下半身の逆ひねりが崩れないので、連続ターンが滑らかになります。

ゆっくりとしたターンやコブ斜面では、ストックをしっかり長い時間突いています。ストックに体重の一部を乗せるようにして、膝を引き上げながらその場でスキーを回します。これができたら、膝の力を抜いてコブ斜面に挑戦です。

大きなターンは、小回りで身体を動かせることが出来れば、早く上達できるでしょう。

連休中、八方尾根スキー場で、デモや元デモの方々の講習会が多く行われています。

見ていて気づいたことは、普段の生活においての自然な動きとスキーでの自然な動きが同じだと思っているのではないかという事です。走るためには走る為に必要な身体の状態があり、スキーで滑るためには、それに必要な身体の状態があるのです。混同してはいけません。(だから偽横滑りになるのです)

「遠い昔に忘れてきたものを取り戻してください」今こそ、何を忘れてきたのかを、知る必要があると思います。温故知新です。
                                    (2014年5月1日 サダハル)